NTTは、6月17日にスマートフォンを使った「器用さ」の度合いを見える化する技術開発について発表した。

 本技術ではスマートフォンを手に持つ、または足に装着し、短時間スマートフォンを一定の動きでぐるぐる回して運動の「ばらつき」を定量的に評価。特殊な器具を使わず測定が可能で、スポーツ種別ごとのトレーニング効果や医療や介護分野で運動リハビリの回復過程の把握、日常生活でのモニタリングなどに期待できるという。

 本研究では、思った通りに動かせるかどうかを簡単かつ信頼性高く計測するため、比較的速い速度で繰り返し円運動をする際の動きのばらつきへ注目。加速度軌道のばらつき量を定量化するアルゴリズムを開発し、4歳から88歳までの総計608人から得られたデータを解析して評価した結果、年齢でのばらつきの増減を確認した。また、利き手を矯正した人の器用さのバランスが異なること、利き手矯正者は足の器用さバランスも変化することも明らかになったという。

 本成果は、6月24日から開催される「コミュニケーション科学基礎研究所オープンハウス2024」へ出展。今後は実験参加者を増やし、より信頼性が高い知見を得ていくとともに、競技などによる手足の器用さ度合いの違いなどを明らかにするしている。