米Appleは4月20日(現地時間)、新型「iPad Pro」を発表した。SoCにM1チップを搭載。30日に予約を始め、5月後半に発売する。価格は11インチモデルが9万4800円から、12.9インチモデルが12万9800円から(いずれも税込)。

 どちらも接続ポートにはThunderbolt/USB-Cを採用。フロントカメラで「Face ID」に対応する。ストレージは128GB、256GB、512GB、1TB、2TB。5G通信にも対応する。

 11インチモデルは、サイズが約178.5(幅)×247.6(奥行き)×5.9(高さ)mm、重さが約466gで、Liquid Retinaディスプレイ(2388×1668ピクセル、264ppi)を搭載する。

 12.9インチモデルは約214.9(幅)×286.6(奥行き)×6.4(高さ)mm、重さが約682gで、Liquid Retina XDRディスプレイ(2732×2048ピクセル、264ppi)を搭載。

 12.9インチモデルのみ、約1万個のミニLEDで構成される「ミニLEDバックライト」をディスプレイの光源に採用。これにより、1000ニトやピーク時1600ニトの輝度、100万:1のコントラスト比などを実現したとしている。

 Wi-FiモデルとWi-Fi+Cellularモデルを用意。カラーはシルバーとスペースグレイ。背面には1200万画素の広角カメラと1000万画素の超広角カメラを搭載。LiDARスキャナも備える。