スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)で、1月24日の午前11時から午後5時まで新しいイベント「メリープのおこうの日」が開催されます。晴れて「メガシンカ」できるようになった「メリープ」(デンリュウ)のアメを集めるチャンスです。

 おこうの日は、時間内に「おこう」を使うとメリープをはじめ特定のポケモンたちが出現するというもの。「ピカチュウ」や「コイル」などの“でんきタイプ”ポケモン、「タッツー」「ミニリュウ」など“ドラゴンタイプ”のポケモンが出現します。これは19日に実装された「メガデンリュウ」がでんき/ドラゴンの複合タイプだからでしょう。

 注意したいのは、時間によって出現するポケモンのタイプが変わること。でんきタイプが2時間出現し、その後ドラゴンタイプが1時間というパターンを2回繰り返します。メリープは“でんきタイプ”ですが、今回の主役とあってドラゴンタイプの時間帯にも出現します。

●出現する時間帯

・午前11時から午後1時(2時間) でんきタイプ

・午後1時から午後2時(1時間) ドラゴンタイプ

・午後2時から午後4時(2時間) でんきタイプ

・午後4時から午後5時(1時間) ドラゴンタイプ

●でんきタイプのポケモン

「ピカチュウ」「コイル」「ビリリダマ」「チョンチー」「メリープ」「プラスル」「マイナン」「メリープ」など

●ドラゴンタイプのポケモン

「タッツー」「ミニリュウ」「メリープ」「ナックラー」「ビブラーバ」「チルット」など(メリープも出現)

 イベント当日、ゲーム内ショップでは「おこう」3個が入った限定ボックスを1ポケコインで販売します。おこうの効果は現在1時間のため、フル参戦には6個必要。3個しかない場合は集めたいポケモンが出現する時間帯を狙って参加することになります。

 イベント特典として、時間内にメリープを「デンリュウ」まで進化させると2018年の「コミュニティ・デイ」限定わざだった「りゅうのはどう」を覚えます。メガデンリュウに進化させるとタイプ一致となり、威力が増します。

 もう1つ重要なのは、現在開催中の「ホウエンセレブレーション」の「コレクションチャレンジ」が終わっていない人にとって、おこうの日が“ほぼラストチャンス”になること。野生ではあまり見ない「プラスル」と「マイナン」が、でんきタイプの時間帯に出現します。

 同じく野生であまり見ない「タツベイ」もおこうで出てきてほしいところですが、残念ながら出現ポケモンのリストには入っていません。コレクションチャレンジの期限は24日の午後8時。おこうの日が終わる午後5時までに捕獲できなかった場合はレイドを探すのが正解かもしれません。