米Visaの日本法人ビザ・ワールドワイド・ジャパンは5月11日、Visaカードが日本でApple Payに対応したと発表した。利用者は今後、iPhoneやApple Watchなどのウォレットにカード情報を登録することで、利用者はアプリ内でオンライン決済が行える他、非接触決済「Visaのタッチ決済」で支払うことも可能になる。

 NTTドコモ、三井住友カード、楽天カードなど8社が発行したカードが対応する。Visaのタッチ決済は、対応するVisaカードやスマートフォンをレジのリーダーにかざすだけで支払いができるサービス。イオングループやモスバーガー、ドトールなどが決済手段として採用している。

 Apple Payは2016年に日本でサービスを開始。欧州などではVisaカードをサポートしていたが、これまで日本では対応していなかった。