NFT(所有権が証明できるデジタル資産)のマーケットプレース「nanakusa」を運営するスマートアプリ(東京都港区)は5月12日、「温泉むすめ」プロジェクトを展開するエンバウンド(東京都渋谷区)など3社と提携し、温泉むすめとNFT、暗号通貨を活用して温泉地の活性化を進めると発表した。

 NFT(非代替性トークン)とはデジタル作品の所有権をブロックチェーン技術で証明する改ざんが不可能なデジタル資産を指す。エンバウンドの持つコンテンツマーケティングのノウハウや自治体とのコネクションを生かしながら、温泉地を題材にしたキャラクター、温泉むすめとNFTを活用して温泉地の魅力発信やファンづくりを進める。

 スマートアプリとエンバウンドに加え、情報システムの構築を手掛けるマネーパートナーズソリューションズ(東京都港区)、価格が一定のステーブルコイン「JPYC」を発行する日本暗号資産市場(東京都港区)の計4社が提携する。暗号通貨を使った金券やプリペイドカードのような前払式支払手段で観光客誘致や地域活性化につなげる。

 温泉むすめは、全国の温泉地をモチーフにした二次元キャラクターが登場するゲームや音楽ライブなどを展開するプロジェクト。観光庁が後援する他、有馬温泉など8カ所の観光大使も務める。