国立科学博物館(科博)と東京国立博物館(東博)は6月14日、「ポケットモンスター」シリーズのキャラクターを描いたマンホールふた「ポケふた」を設置したと発表しました。東京23区内での設置は初めてです。

 科博は「ソーナノ」と「チゴラス」、東博は「ヤジロン」と「ドーミラー」が描かれています。「このポケモンたちによく似た作品が展示室の中にいるかも? 当館に遊びにきたときはぜひ探してみてください」(東博の広報室Twitterアカウントより)。

 科博のポケふたは屋外に展示している実物大シロナガスクジラの近く、東博は正門の前(正門に向かって左側)に設置しました。既にスマートフォンゲーム「Pokemon GO」の「ポケストップ」になっています。

 ポケふたは、ポケモン社が提供しているオリジナルマンホールふた。2018年12月に鹿児島県指宿市に「イーブイ」のポケふたを設置したのを皮切りに、今回を含め15都道府県169枚を設置しました。自治体などと協力し、その地域の景色や名所とポケモンを組み合わせたオリジナルデザインが特長です。

●全国のポケふた(設置順)

鹿児島県指宿市:9枚

岩手県:13枚

香川県:17枚

宮城県:35枚

神奈川県横浜市:1枚

北海道:19枚

鳥取県:19枚

福島県:9枚

東京都町田市:6枚

滋賀県大津市:2枚

宮崎県:9枚

新潟県小千谷市:4枚

奈良県斑鳩町:5枚

東京都小笠原村:4枚

青森県:2枚

京都府京都市:5枚

宮崎県:8枚

東京都台東区:2枚