NTTドコモは6月15日、レーザー光で物体との距離などを検知するセンサー技術「LiDAR」を活用したビジネスの創出に向け「スマートセンシングアライアンス」を設立した。綜合警備保障(ALSOK)やパイオニア子会社であるパイオニアスマートセンシングイノベーションズ(東京都文京区)など計4社が参加。LiDARを活用したサービスの開発や、センサーで得られたデータを参加企業間で共有する「点群データバンク」の構築に取り組む。

 当面は警備の分野で活用されるロボットに搭載するLiDAR向けのソフトウェアやサービスなどを協力して開発。その後、自動運転など他の分野にも手を広げる予定。新たな企業の参加も随時受け付ける。

 LiDARとは、レーザー光を物体に照射し、反射して戻るまでの時間を基に、対象までの距離や形状を計測できるセンサー。物体の位置や形状を比較的高い精度で把握できるため、自動運転技術や3D地図の作成などに活用されている。