ウォンテッドリーは6月21日、同社が運営する求人情報サービス「Wantedly」のロゴデザインを変更したと発表した。これまでのブルーやグレーを基調としたデザインから、黒い太線2本と青い丸で作った「W」のモチーフと黒い細字を並べるデザインとした。変更した理由について、同社は「視認性やデザイン上の扱いづらさに問題があった」としている。

 新たなロゴのコンセプトは「シンプル」。社内のデザインチームが考案した300以上のアイデアから議論を重ね、決定した。2本の黒いスラッシュは「社会に切り込むウェッジ(くさび)」として、Wantedlyのプラットフォームと、ユーザーが社会に与えるインパクトを表現。右上の円形はそれらから力を得て、さらに先の世界へと進む人々を表しているという。文字列を細字にしたのは旧ロゴよりも可読性を高めた結果という。

 「テクノロジーやサービスのみにとどまらない『文化圏を創造する企業』としてのスタンスを表明する」(同社)としている。