Uber Japanは6月21日、フードデリバリー「Uber Eats」に、徒歩で商品を配達できる仕組みを導入すると発表した。まずは22日に、東京23区で試験運用を始める。階段や細い路地が使える他、自転車やバイクを駐輪する手間が省けるため、短距離であれば配送の効率化が見込めるという。

 配達員は、専用スマートフォンアプリの設定を変更することで、徒歩で商品を配送できる。Uber Eatsではこれまで、自転車やバイクを持っていない人は配達員になれなかったが、今後はこれらを使わない人でも登録できるようになる。

 交通事故に遭った場合の保険制度は、自転車などを使う配達員と同じものを適用する。米Uber Technologiesはすでに、ニューヨークや香港などでも同様の仕組みを導入している。