NTTドコモと京浜急行電鉄、京浜急行バスは6月21日、各種交通手段をサービスとしてつなぐMaaS(Mobility as a Service)の実証実験を神奈川県の横須賀・三浦エリアで行うと発表した。iPhone向け専用アプリを使ってチケット購入や観光施設の混雑状況を確認し、「密」を避けた旅行を可能にするという。期間は6月22日〜7月21日。

 専用アプリ「みうらよこすかMaaS」では、電車や路線バス、タクシーなど各種移動サービスを一元的に検索、予約できる。ユーザーは、電車とバスの乗車券や観光施設利用券がセットになった「みさきまぐろきっぷ」をアプリ上で購入でき、スマートフォンをNFCタグにかざすだけで、非接触で電車の乗り降りや食事券の利用などができるという。

 ユーザーのアプリ利用状況などに基づき、各種施設や飲食店、バスの混雑情報も配信。「混雑や密を避けながら、デジタルみさきまぐろきっぷを利用できる」としている。