デジタル庁は9月17日、新型コロナワクチンの接種証明書を、スマートフォンで電子交付する際の仕様案を公開し、意見の募集を始めた。マイナンバーカードを使って専用アプリから申請すれば、スマホ画面に証明書を表示できるようにする案だ。ワクチン接種情報を取得するAPIも提供し、事業者が予約サイトなどで使えるようにする計画だ。年内にサービスを開始する予定。

 ワクチン接種証明書の電子交付は、既に交付が始まっている紙の証明書と同じ内容を、スマートフォンに表示させる仕組み。

 仕様案では、専用の「接種証明書アプリ」をダウンロードし、マイナンバーカードと4ケタの暗証番号を入力して申請すると、2次元コード付きの接種証明書が交付される。2次元コードからは、氏名や生年月日、接種日、ワクチンのメーカーやロット番号といった情報が読み取れる。

 海外渡航予定がある人は、専用アプリでパスポートの指定エリアを読み込めば、パスポート番号や国籍データをQRコードに含めることができる。

 APIは、接種券番号と生年月日を入力すると、接種回数・最終接種日などの情報を返す仕様を検討。民間事業者が運営する国内レジャーの予約サイトなどでの活用を見込む。

 9月30日まで、証明書を利用したい事業者や自治体、公共機関、医療機関などを対象に、利用を想定するシーンと2次元コード・APIの仕様への意見を匿名で募っており、Googleフォームで意見を投稿できる。主な意見や対応は、10月中にデジタル庁のWebサイト上で公開する予定だ。

 同庁は「可能な限り早いタイミングでサービスを開始し、ニーズを踏まえてサービスの拡張を行っていく」と述べている。