iPhone 13 ProでMagSafeアクセサリーとの干渉問題が起きている。

 iPhone 13シリーズは背面カメラが大型化している。特にiPhone 13 Pro Maxと同じ背面カメラユニットを採用したiPhone 13 Proは、MagSafeアタッチメント領域と背面カメラ枠との距離が近くなっている。

 Apple MagSafe充電器を装着した場合、iPhone 12 Proでは空きが約1cmだったのに対して、iPhone 13 Proで は約5mmしかない。

 Appleが公開する「Appleデバイス用アクセサリのデザインガイドライン」には、MagSafe Case Magnet Arrayのサイズは記載されているが、ガイドラインで背面カメラユニットとMagSafeとの最短距離に関する制限は行われていなかったため、サードパーティー製MagSafeアクセサリーによっては背面カメラに干渉して装着できないものがある。

 また、背面カメラ周りを保護するために突起形状になっているケースの場合、 さらにMagSafeアクセサリーと干渉する場合がありそうだ。

執筆:大石結花

[MACお宝鑑定団]