スマートロック「Qrio」を遠隔操作するためのデバイス「Qrio Hub」でネットワーク障害が発生している。Qrio社(東京都渋谷区)によると、11月27日に障害が発生して以来、30日午後9時の時点でも復旧できていないという。

 Qrioは、Bluetoothで接続することでスマートフォンから鍵の施錠/解錠ができるスマートロック。Qrio Hubを導入すればインターネット越しの操作も可能。例えば、出先からの鍵の施錠/解錠や、スマートスピーカーをつなげば声による操作にも対応する。

 今回の障害は、Qrio Hubとサーバ間で通信エラーが発生。リモート操作による施錠/解錠と、Qrio Hubによる施錠/解錠の履歴更新ができなくなっている。一方で、Bluetoothを使ったスマートフォンからの操作は利用可能という。

 同社では、引き続き障害の調査および復旧に向けて対応中としている。