スズキが自社の自動車向けにコネクテッドサービス「スズキコネクト」を始める。同社が12月3日に発表した。24日に発表するスペーシアシリーズから導入予定で、緊急時の自動通報、スマートフォンアプリを使ったエアコン操作やドアロック、各種通知に対応する。

 スズキコネクトは車載通信機の実装で実現。事故発生時に自動通報する「D-Call Net」を搭載し、エアバッグが動作するような衝撃を感知すると、衝突情報や位置情報をコールセンターに送信。オペレーターの問いかけに返答がない場合、消防や警察等に連絡する。体調が悪くなった際にオペレーターにつなげるSOSボタンも車内に搭載する。

 専用のスマホアプリも用意する。離れた場所からエアコンやドアロック、ハザードランプの操作が可能なほか、駐車位置の確認(位置をURLで共有可能)、運転時間や走行距離/平均燃費といった運転履歴の確認、警告灯やセキュリティアラームの動作通知などを受け取れる。車の出発や帰宅を知らせる見守り機能もある。

 スマホアプリは、iOS 14.0以上、Android 8.0以上に対応。サービス利用料は月額550円だが、新車登録から1年間無料で使えるという。