ニコンは9月29日、従業員の年収水準を、平均約3%・最大約20%増やすと発表した。人材確保・育成のため、戦略的に投資する。

 採用も強化。2022年度の国内のニコングループ全体で、新卒・キャリア採用あわせて前年度比約2倍の570人を採用する計画だ。

 今年10月から全従業員を対象に、業績連動型の賞与水準を引き上げる。課長以上の役職や高度な専門性を持つ人材の賃金も引き上げ、個人の成果に応じた賞与のメリハリを拡大する。

 また、来年4月以降の新卒を対象に、初任給も引き上げる。これに先駆けて今年7月から、入社6年目までの従業員の賃金を最大で月額2万円引き上げた。

 2023年3月期通期の営業利益が見通しの通りの550億円(前期比10.1%増)になれば、従業員の年収水準は平均約3%、一人当たり最大約20%増えることになるという。