ソニーは11月29日、小型軽量のモーションキャプチャーデバイス「mocopi」を発表した。6つのセンサーと充電器を兼ねる専用ケースで構成され、頭や手足、腰に取り付けることで、全身の動きをVRに取り込む「フルトラッキング」(フルトラ)を実現する。価格は4万9500円、発売は2023年1月下旬を予定している。

 円形型のセンサーは8gと軽量。付属のバンドやクリップで簡単に固定できる。ソニー独自のアルゴリズムにより、少ないセンサー数で高い精度のモーション計測を実現したという。センサー単体で10時間の稼働が可能。屋外でのアバター収録なども手軽に実現する。

 センサーは全てスマートフォンとBluetooth接続し、専用アプリでモーションデータを取り込む。アプリは、初期設定の素材以外にVRM形式のアバターを取り込むことができ、スマートフォン上でモーションを反映したアバター動画をmp4などの動画として出力できる。クロマキー合成用の素材に加え、アプリ内で背景画像と合成しての出力も可能だ。

 対応OSは、Android 11以降/iOS 15.7.1以降。動作確認済みのスマートフォンとしては、AndroidだとXperia 5IV、Xperia 1IV、Xperia 5III、Xperia 1III、Xperia 5II、Xperia 1II。iOSは、iPhone 14 Pro Max、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Plus、iPhone14、iPhone 13 Pro Max、iPhone 13 Pro、iPhone 13、iPhone 12 Pro Max、iPhone 12 Pro、iPhone 12。

 さらに、mocopiで取得したデータをVRサービスや3D開発ソフトウェアと連携するためのSDKを12月15日から配布予定。モーションデータをPCでリアルタイムに受信し、「Unity」や「MotionBuilder」などのソフトウェア上でリアルタイムに反映できるという。専用プラグインを使うことで、「VRChat」などのサービスにもモーションデータを送信できるとしている。

 同社は、12月3日からHIKKYが開催予定の「バーチャルマーケット2022 Winter」に出展予定。mocopiを紹介するとしている。