VR即売会「バーチャルマーケット」を手掛けるHIKKYは11月29日、リアル空間とバーチャル空間の両方で参加できるイベント「リアルバーチャルマーケット」を開催すると発表した。初回は2023年夏に秋葉原で開催する。

 スマートフォンやPCブラウザで利用できるHIKKY製VRエンジン「Vket Cloud」と、ソニーが同日発表したモーショントラッカー「mocopi」など各種トラッカーを連携させる新サービス「unlink」を活用。高価な機材を使わずに済むため、野外などでもVR空間にモーションデータを送りやすくなるという。

 リアルバーチャルマーケットはunlinkを活用してリアルとバーチャルが連携したイベントにするという。HIKKYの舟越靖代表取締役は「家電量販店などの店員にmocopiをつけてもらい、リアルとバーチャルの両方で接客してもらうようにする。秋葉原各地のイベント会場でも、タレントなどにmocopiをつけてパフォーマンスしてもらい、ユーザーがリアルでもバーチャルでも参加できるようにする」などと構想を語った。詳細は後日発表する予定。

 「リアルだけ、バーチャルだけではなく、それぞれをつなぐことで高かった参入障壁を下げる。バーチャル空間のイベントでは、リアルでも何かやってほしいというたくさんの声があった。コロナ禍も落ち着いてきて、集客もあるということで、いろんな自治体などとリアルバーチャルマーケットを開催するのがいいのではと考えた」(舟越代表)