米Googleは2月21日(現地時間)、大規模言語モデル(LLM)「Gemma」を公開した。同社のLLM「Gemini」と同じ技術を活用した軽量版LLMで、「オープンなAIモデル」として位置付けている。利用規約に同意すれば使うことができ、商用利用も可能としている。

 「Gemma 2B」と「Gemma 7B」の2つのサイズを展開しており、それぞれ事前学習済みモデルとインストラクションチューニング(ファインチューニングの一種)済みモデルを用意している。これらのモデルはノートPCやワークステーション、Google Cloud上で実行できるという。

 同社はGemmaについて「他のオープンモデルと比較して、そのサイズでクラス最高のパフォーマンスを実現できる」と説明。米MetaのLLM「Llama-2」との比較では、推論や数学、コードなどの分野で性能を上回っているとしている。

 また、Gemmaの事前トレーニング済みモデルでは、学習データから特定の個人情報やその他の機密データを除外していると安全性もアピール。開発者や研究者向けに、安全で責任あるAIアプリケーションを構築できるというツールキット「Responsible Generative AI Toolkit」も併せて公開している。