Amazon(アマゾンジャパン)は5月12日、同社のクラウド音声認識サービス「Amazon Alexa」に対応するスマートディスプレイ「Echo show 8」と「Echo Show 5」の第2世代モデルを発表、同日から販売を開始した。価格はそれぞれ1万4980円と8980円(税込み、以下同様)となる。

●カメラ機能を強化したEcho Show 8とカラバリ増加のEcho Show 5

 ボディーサイズなど多くのスペックは第1世代をほぼ継承しており、主にカメラ回りの強化が中心となる。また、第1世代モデルも価格を下げて併売される。具体的には、第1世代Echo Show 8が1万4980円→1万2980円に、第1世代Echo Show 5が9980円→7980円となる。

 1280×800ピクセル表示の8型ディスプレイを搭載した「Echo Show 8」は、内蔵カメラを従来の約100万画素から約1300万画素に強化し、上位モデルの第3世代「Echo Show 10」と同様に、自動フレーミング機能と自動色彩調整機能を備えた。これにより、自分を相手の画面の中心に表示しながら部屋の明るさに応じて鮮やかな画面でビデオ通話を楽しめる。

 SoCはMediaTek MT8163(1.5GHz)から同MT8183(2.0GHz)となったが、ボディーサイズは約200(幅)×99(奥行き)×130(高さ)mm、重量は約1037gと従来モデルをほぼ踏襲している。

 960×480ピクセル表示の5.5型ディスプレイを搭載した「Echo Show 5」も、内蔵カメラを約100万画素から約200万画素に高めた他、チャコール/グレーシャーホワイト/ディープシーブルー(新色)の3色展開となる。

 SoCは前モデルと同じMediaTek MT8163(1.5GHz)で、ボディーサイズは約148.4(幅)×73(奥行き)×86(高さ)mm、重量は約403gだ。