ソニーはこのほど、映像制作者向けをうたったタフ設計のUSB Type-C外付けポータブルSSD「SL-M」シリーズを発表、6月19日に発売する。容量ラインアップは500GB/1TB/2TBの3タイプを用意。価格はオープン、予想実売価格はそれぞれ2万5300円/4万700円/7万2600円だ(税込み)。

USB 3.2 Gen2 Type-C接続に対応した外付け型のSSDで、転送速度はリード/ライトとも最大1000MB/sを実現。アルミ製の堅牢設計筐体を採用しており、IP67準拠の防水/防塵(じん)性能と最大6000kgfの加圧剛性および最大2000kgfの曲げ剛性も実現した。USB端子の挿抜耐久性も高められている。

 本体サイズは55(幅)×110(奥行き)×13(高さ)mm、重量は130g。