次期Windowsの「Windows 11」では、ウィジェットの復活やスタートメニューの大幅な見直しなどが行われる。

 Microsoftが公開した「Windows 11 のシステム要件、機能、デバイスの要件について」には、Windows 10から Windows 11へのアップグレードやWindows 11の更新プログラムのインストールによって、Windows 10では利用できた機能の廃止や削除に関する詳細がまとまっている。

 具体的には、Walletやタイムライン、数式入力パネル、ライブタイル、タブレットモードがなくなり、Internet Explorerは無効になる。また、音声アシスタントのCortana(コルタナ)やニュースと関心事項、Peopleなどがタスクバーから削除される。

 なお、Cortanaは「初回のシステム起動時に起動されなくなり」との表記があるので、OSの再インストール時にもお目にかかることはなくなりそうだ。