米Microsoftは12月7日(現地時間)、Windows 11に標準で付属する「メモ帳(notepad.exe)」の新版を発表し、Windows Insider プログラムのDevチャネルに参加するユーザーへの配布を始めた。

 新しい「メモ帳」は、ウィンドウの角が丸くなっていたり、メニューバーの構成を変えたりするなど、Windows 11のデザインに合わせて見た目を一新した。また、検索/置換ダイアログは旧来のWindowsに合わせたデザインから、Visual Studio Codeのものによく似たものに置き換わった。

 さらに、従来は「編集」メニューの「元に戻す」をクリックしても、1段階前にしか戻れなかったが、今回の新版からさらに前の段階まで戻れるようになった。

 テーマを変更できるようになった点も大きな変化だ。Windowsの設定と同じように「ライト」と「ダーク」から選択できる。ダークテーマを選べば、黒地に白い文字でテキストを表示する。

 Microsoftは今回のメモ帳について、未修正の不具合があるとしている。その例として、日本語IMEを使用する際の障害や、「Shift」キーを押しながら画面をスクロールさせてテキストの広い範囲を選択する際の障害などを挙げている。

 これらの不具合については修正に取り組んでおり、正式版公開までには改善を図ると見られる。