Amazonは5月18日、同社製7型タブレット端末「Fire 7 タブレット」の新モデルを発表、Amazon.co.jpで本日予約受付を開始した(出荷開始は6月29日の予定)。価格は税込み6980円だ。

 今回のモデルではプロセッサの向上により前世代比で最大30%の高速化を実現した他、バッテリー駆動時間が最大10時間に向上している。また充電ポートがUSB Type-C(USB 2.0)に変更され、3.5mmのイヤフォンジャックも用意されている。

 ディスプレイ解像度は従来モデルと同様の1024×600ピクセル表示に対応。メモリは2GB、ストレージは16GBを内蔵し、microSDメモリーカード(最大1TB)も利用できる。ボディーデザインはリニューアルされており、カメラ配置を横画面中央に変更、ベゼル幅も狭めている。

 ボディーサイズは約181(幅)×118(奥行き)×9.7(厚さ)mm、重量は約282gだ。

 従来モデルと同様に、本体に純正キッズカバーと「Amazon Kids+」の1年間サブスクリプションなどを付属した「Fire 7 キッズモデル」も用意される。カラーバリエーションはブルーとパープルの2色を用意、価格は税込み1万2980円だ。 

 カバー込みのボディーサイズは約201(幅)×162(奥行き)×28(厚さ)mm、重量は約492gだ。メモリやストレージ容量などはFire 7 タブレットと同様だ。