ITmedia PC USERを含めて、PCを取り上げるメディアでは、あるPCの“側面”を捉える手段の1つとしてベンチマークテストを行うことが多い。筆者も、PCのレビュー記事を執筆する際は、基本的にベンチマークテストを実施している。

 ベンチマークテストアプリの中には、自社計測した「リファレンス」のスコア、あるいは多くのユーザーが計測した結果から求めた「平均」のスコアを公表しているものがある。しかし最近、自分がアプリで計測した結果と、リファレンス/平均スコアが“乖離(かいり)”することが多くなった。

 このような乖離は、メーカーあるいはモデルごとのチューニングの方針が原因で生じるケースがほとんどである。このことは、過去にIntelがCPUの説明会で解説しているが、AMD製のCPU/APUを搭載するPCでも同様に当てはまる。

 このチューニングの鍵を握るのが電源設定だ。今回は、レノボ・ジャパンのThinkPad X1 Carbon Gen 10(21CB-S00T00)を使って、どのくらいの違いが出るのかチェックしてみよう。

●Windowsの電源設定は「パフォーマンス」に直結している

 現在、ビジネス向け(業務用)の一部を除いて、多くのPCではOSとして「Windows 11」をプリインストールしている。一部、独自のユーティリティーソフトを使ってパフォーマンスを調整するモデルもあるが、ほとんどのPCではWindowsの電源設定とパフォーマンス設定を連動させている。

 一部、モデルによってはカスタマイズされている可能性もあるが、Windows 11をプリインストールするノートPCは、以下の電源設定がプリセットされている。

・トップクラスの電力効率

・バランス

・最適なパフォーマンス

 名前からも察しは付くが「トップクラスの電力効率」は消費電力を抑制する設定、「最適なパフォーマンス」は処理パフォーマンスを優先する設定、「バランス」は両者の中間の設定である。標準設定はバランスだ。

 Windows 10では、タスクバーの電源アイコンをクリックするとスライドで電源設定を切り替えられたが、Windows 11ではその機能が用意されていない。設定の「システム」内にある「電源とバッテリー」の「電源モード」から切り替えるようにしよう。

 なお、より詳細な電源設定を行いたい場合は「コントロールパネル」から行える……のだが、標準では非表示となっている。コントロールパネルの電源設定にアクセスする手順は以下の通りだ。

1. スタートメニューで「コントロールパネル」を検索

2. 出てきたコントロールパネルアプリを開く

3. 「ハードウェアとサウンド」をクリック

4. 「電源オプション」をクリック

 一般的なWindows 11 PCでは、電源プランは「バランス」のみ用意されている。自分で電源プランを作りたい場合は、電源オプションのウィンドウにある「電源プランの作成」から行える。今回はプリセットされた設定でパフォーマンスの差をチェックしていくので、説明は割愛する。

●電源設定はパフォーマンスに影響するのか?

 先述の通り、一般的なWindows 11 PCでは、設定画面からアクセスできる電源設定は「トップクラスの電力効率」「バランス」「最適なパフォーマンス」の3種類である。これらのうち、標準設定のバランスと、一番パフォーマンスを発揮できる(はずの)最適なパフォーマンスの2種類を切り替えつつ、「CINEBENCH R23」と「PCMark 10」の2種類のベンチマークテストを実行してみよう。

 なお、今回テストで用いたThinkPad X1 Carbon Gen 10(21CB-S00T00)の主なスペックは以下の通りである。なお、全てのテストは65W出力の外部電源を接続した状態で行った。

・CPU:Core i5-1240P

・パフォーマンスコア(Pコア):4コア8スレッド(最大4.4GHz)

・効率コア(Eコア):8コア8スレッド(最大3.3GHz)

スマート(L3)キャッシュ:12MB

。メインメモリ:16GB LPDDR5(デュアルチャネル構成)

・ストレージ:256GB SSD(PCI Express 3.0接続、自己暗号化対応)

・ディスプレイ:14型IPS液晶(1920×1200ピクセル)

・Webカメラ:フルHD(1920×1080ピクセル)撮影対応

・キーボード:日本語配列

・OS:Windows 11 Pro(日本語)

●CINEBENCH R23

 「CINEBENCH R23」は、3Dレンダリングを通してCPUの処理性能を確認できるベンチマークテストアプリだ。全コアを使った「マルチ」テストと、1コアを使った「シングル」テストの2種類が用意されており、サーマルスロットリング(発熱を抑制するための性能低下)やシステムの安定性をチェックするために同じテストを10分、または30分繰り返す設定も可能だ。

 今回は、サーマルスロットリングの確認を目的とする10分の繰り返しテストを実行する。10分間で可能な限りテストを繰り返し、10分経過時点で進行しているテストのスコアが正式なスコアとして提示される。

 まず、標準の「バランス」設定で計測した結果を見ていこう。

・マルチコア:5495ポイント

・シングルコア:1302ポイント(MPレシオ4.22倍)

 シングルコアのスコアは、第12世代Coreプロセッサの特徴をしっかりと引き出せているように思えるが、マルチコアのスコアは「もうひと声」と言いたくなるような値である。

 これを「最適なパフォーマンス」に切り替えてみるとどうだろうか。スコアは以下のように変わった。

・マルチコア:6099ポイント

・シングルコア:1546ポイント(MPレシオ:3.94倍)

 MPレシオ(シングルコアスコアとマルチコアスコアの倍率)は少し下がってしまったものの、絶対的なスコアは確実に向上している。念のため、それぞれの電源設定で何度かテストを繰り返し実行したが、スコアの傾向に変化は無かった。

 CPUコアのパワーを少しでも引き出したいなら、電源設定をサクッと変えることは「有効」といえそうである。

●PCMark 10

 「PCMark 10」は、複数のシナリオを通してPCの総合的な性能をチェックするベンチマークテストアプリだ。今回は、普段使い(WebブラウジングやWeb会議)を想定した「Essentials」、オフィスワーク(ワープロ、表計算、プレゼンテーション)を想定した「Productivity」、写真や動画の編集/書き出しや3Dレンダリングを行う「Digital Content Creation」の3シナリオを順次進行する標準テストを実施した。

 まず、バランス設定で計測した結果は以下の通りである。

・総合スコア:4574ポイント

・Essentials:9114ポイント

・Productivity:5578ポイント

・Digital Content Creation:5110ポイント

 最適なパフォーマンス設定にすると、これらのスコアはどうなるだろうか。

・総合スコア:4828ポイント

・Essentials:9111ポイント

・Productivity:6234ポイント

・Digital Content Creation:5380ポイント

 Essential以外の全スコアにおいて有意な伸びを確認できた。Essentialのスコアは3ポイント低下しているが、誤差の範囲と思われる。

 ProductivityとDigital Content Creationの伸びは、CPUとGPUのパフォーマンスをよく引き出した結果だと推察される。電源設定の変更は、普段使いで処理パフォーマンスを引き上げたい際に一応は有用だと思われる。

●パフォーマンスが出ないときはメーカーの独自設定もチェック!

 時間の都合で、今回は2種類のベンチマークテストに絞って比較したが、数値にしてみるとWindowsの電源設定は、思った以上にパフォーマンスを左右しうることが分かったと思う。

 この感想のポイントは“数値にしてみると”いう点にある。連続してCPUに高い負荷を掛ける傾向にあるアプリ、具体的には写真や動画の編集アプリは、電源設定を変えることで快適さは増す。差はわずかかもしれないが「塵も積もれば山となる」で、少しの差が連続すると大きな差につながってくる。

 一方で、アプリや作業の内容によっては、体感できるほどの快適性の差は生じない。そのことは、PCMark 10におけるEssentialsのスコアが物語っている。普段はバランス設定で使って、CPUに連続して負荷が掛かる作業をする際には最適なパフォーマンス設定に切り替える使い方がベストだと考える。

 ThinkPad X1 Carbon Gen 10に限っていうと、最適なパフォーマンスで使う際には本体の冷却設定にも注意を払いたい。このモデルを含め、最近のThinkPadには「インテリジェント・クーリング(Intelligent Cooling)」という仕組みが採用されている。簡単にいうとWindowsの電源設定とユーザーの使い方に合わせて、ファンの回転数制御を自動で行うというものだが、標準設定では騒音と消費電力を抑制するためにファンが“控え目”に回転するようになっている。

 もしも最適なパフォーマンスでCPUの“全力”を発揮したいなら、Fnキーを押しながらTキーを押すことで、インテリジェント・クーリングの自動モードを「オフ」にすることをお勧めする。こうすることでCPUに負荷が掛かった際に遠慮なくファンが回るようになり、高いパフォーマンスを持続できる。ただし、その分消費電力が大きくなる他、ファンの音が大きくなるので注意しよう。

 レノボ以外のPCメーカーでも、ファン回転の制御などで独自のユーティリティーアプリを使っている可能性がある。パフォーマンスを引き上げたい場合は、メーカー独自の機構も併せてチェックするようにしよう。