相川梨絵(フリーアナウンサー・バヌアツ共和国親善大使)

「相川梨絵のバヌアツ・ニュース」

【まとめ】

・バヌアツ柔道81KG級代表、ヒューゴ・コンボ選手、五輪初出場。

・得意技は、内股と、谷落としから右の小外がけです。

・目標はバヌアツ柔道初の1勝を上げること。

 

東京オリンピック開催まで約一か月。

日々、インターネットニュースではオリンピック開催賛否の記事が踊り、状況が目まぐるしく変わっていく中、バヌアツでは、オリンピック出場選手が確定しだした。

ここで、バヌアツ代表選手を一人ずつ、インタビュー形式で紹介する。

今回は、ヒューゴ・コンボ選手。柔道81KG級

フランス人の両親のもと、1996年5月11日誕生。当時両親は既にバヌアツに住んでおり、ヒューゴ選手も生まれた時からバヌアツで育つ。祖父、父と柔道家で、ヒューゴ選手も5歳の時に自然の流れで柔道を始める。最近の主な戦歴は2019年サモアパシフィックゲーム5位、香港インターナショナルオープン8-16位。

Q 調子はどうですか?

ヒューゴ選手:毎日の練習をこなし、オリンピックに向けて順調です。

Q 東京があなたにとって初めてのオリンピックですか?

ヒューゴ選手:そうです。2012年のロンドンの時から出たかったんだ。そのために努力をしてきました。特に、今回の東京オリンピックに出場できてうれしいです。だって、柔道発祥の地ですからね。

Q 世界中からたくさんの柔道家が集まりますが、楽しみですか?

ヒューゴ選手:まずは、太平洋州の柔道家の友達に会いたいです。オーストラリアやサモアなどが参加します。試合となると、TOP8の選手たちと戦いたいです。その中には、日本人やモンゴル人もいます。どの選手と対戦するかわかりませんが、トッププレーヤーと戦えるのはうれしいです。

▲写真 ヒューゴ選手 提供:筆者

Q 日本人で好きな選手はいますか?

ヒューゴ選手:大野将平選手です。彼の柔道スタイルが好きです。彼は73KG級なので、対戦はできませんが、彼の試合を直接見られるのは楽しみです。それと、山下泰裕選手は、僕の憧れです。

▲写真 ヒューゴ選手と筆者 提供:筆者

Q あなたの得意技は何ですか?

ヒューゴ選手:内股です。あとは、谷落としから右の小外がけです。

Q オリンピックでの目標は?

ヒューゴ選手:ますは、初戦に勝つこと。バヌアツの柔道家は、まだ、オリンピックで一勝もしたことがないから。

Q オリンピックが一年延期になりました。この一年はどうでしたか?

ヒューゴ選手:私にとっては、ラッキーな一年でした。というのも、去年、肩をケガしていたので、この一年で治療に専念できました。オリンピックに向けて、準備もできました。

Q バヌアツはコロナウィルス無感染国です。オリンピックに向けて、国外に出ることに不安はありますか?

ヒューゴ選手:恐怖はないです。サニタリーバリアさえ守れば、問題ないと思うし、私はワクチンも打ちました。サニタリーバリアを守れば、オリンピックを楽しめると思います。

Q 今後の予定を教えてください

ヒューゴ選手:7月15日に日本へ向かいます。オリンピックは7月23日から始まり、私の階級の試合は28日です。そして、8月9日の閉会式まで、日本に残り、11日にバヌアツへ戻ります。

柔道はスポーツだけでなく、生き方だと語るヒューゴ選手。

黒帯まで到達することを目指し、こつこつ続ける。それが、人生の目標に向かって生きる姿勢に通ずると。

彼の黒帯には、カタカナでブンケルの刺繍。これは、鉄壁のシェルターの意味で、彼の幼少期からのニックネームだ。その名の通り、力強い守りで、バヌアツ初の一勝をつかむのか。

▲写真 ヒューゴ選手の帯 Ⓒ相川梨絵

バヌアツ柔道家ヒューゴ選手、柔道発祥の地で、トップクラスの柔道を満喫してほしい。

トップ写真:ヒューゴ選手 提供:筆者