「若者責任論」から脱却し、その価値観に学べ

 いつの時代も、「最近の若者は・・・」と上司が嘆くというのはよくあることだろう。昨今では、ミレニアルズ(1980年以降、2000年前後生まれ)と言われる世代の若者とそれより上の世代(以下、便宜的に「上司世代」と呼ぶ)の「組織」や「仕事」に対する根本的な価値観の違いが、職場において新たな問題を引き起こしているようだ。

 そこで、若者の育成に長年取り組み、2017年には若者からの学びを推奨する「オトマナプロジェクト」*1を立ち上げたリクルートマネジメントソリューションズの桑原正義(くわはら・まさよし)氏に、そうした価値観の相違を乗り越え、若者と上司世代がともに幸せに働くためのヒントを提示してもらう。

*1:「大人はなぜ若者に学べないのか」プロジェクト
https://www.recruit-ms.co.jp/issue/inquiry_report/0000000678/

「育たない」「辞めてしまう」若者に悩む上司世代

――職場における上司-部下問題はいつの時代も存在すると思いますが、近年、新たな問題も起きていると聞きます。上司世代と若者の間で起きている問題とは一般的にどのようなものなのでしょうか。


関連記事

おすすめ情報

JBpressの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索