ホンダは、高級セダン「レジェンド」と、90年代にミニバンブームの火付け役となった「オデッセイ」の生産を2021年で中止する。

 ホンダ本社広報部に確認したところ、「2021年3月末時点で販売店各社に通知した」との回答があった。一般的に、自動車メーカーはモデルの廃止等による生産終了について対外的な発表は行わない。

 生産中止の主な理由は、ホンダが2017年10月4日に発表した「日本の四輪車生産体制を進化」に準じるものだ。

 ホンダの四輪完成車工場は、埼玉製作所の2工場(狭山完成車工場、寄居完成車工場)と三重県の鈴鹿サーキットに隣接する鈴鹿製作所の3カ所である。鈴鹿製作所は1960年に稼働、狭山完成車工場は1964年に稼働した古い工場だ。寄居完成車工場は2013年に稼働した新しい工場である。