(清永 健一:展示会営業コンサルタント、中小企業診断士 )

 レジ袋有料化とコロナ禍のダブルパンチを食らいながらも、たくましく存在感を発揮している会社が福井県敦賀市にある。宮元武利氏(51歳)が代表取締役を務めるミヤゲンだ。

 1953年に紙袋の製造加工からスタートしたミヤゲンは、その後、ポリ袋メーカーとして成長。主力のレジ袋やゴミ袋の包装資材をはじめ、ホテル向け消耗品などの各種産業資材を製造販売している。

 リーマンショック、レジ袋有料化、コロナ禍と数々の試練を乗り越えると、2021年には医療用の長袖プラスチックガウン「EASY脱着ガウン」を発表。グッドデザイン賞金賞を受賞した。

 従業員は31人、売上高は約8億5000万円と地方の中小企業の域を出ないが、年々、存在感を高めている。

 3代目の宮元武利社長が、14年間の総合商社勤務を経て、家業のミヤゲンに入社したのは2007年のこと。すると、翌年、リーマンショックの逆風がミヤゲンを襲った。

 自己資本で2001年に設立した中国江蘇省の生産拠点が軌道に乗り、海外調達比率が上昇したため、その対策として為替を長期予約していた。そこにリーマンショックによる急激な円高が襲ったのだ。