(湯之上 隆:技術経営コンサルタント、微細加工研究所所長)

半導体のバカの壁に直面しているクルマメーカー

 2022年11月4日に、本コラムに寄稿した記事『クルマ産業は半導体の「バカの壁」を超えられるか?』(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/72522)の中で、トヨタ自動車をはじめとする多くのクルマメーカーが「半導体のバカの壁」に直面していることを論じた。

 そして、Connected(コネクテッド)、Autonomous(自動化)、Shared(シェアリング)、Electric(電動化)の「CASE」と呼ばれる100年に一度の大変革期を迎えているクルマ産業においては、半導体のバカの壁を乗り越えられないクルマメーカーは淘汰されることを警告した。

 ところが、この半導体のバカの壁を乗り越えたクルマメーカーが出現した。それは、電気自動車(EV)で先行している米テスラ(Tesla)である。

 2003年7月1日に設立されたテスラは、起業家で、宇宙ロケットの会社、スペースXのCEOであるイーロン・マスク氏が何度も倒産に危機に陥りながら艱難辛苦を乗り越え、2020年には株式時価総額でトヨタ自動車を軽く抜き去り、2021年には93.6万台のEVを販売して断トツのトップに立った(図1)。

【本記事は多数の図版を掲載しています。配信先のサイトでご覧になっていて図版が表示されていない場合は、JBpressのサイト(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/72914)でご覧ください。】