監督とコーチの違いはどこに?日ハム栗山監督の答え

 指導者は教えるべきなのか。教えないべきなのか。スポーツの現場に限らず指摘されるテーマである。

 プロ野球の世界ではどうなのか。北海道日本ハムファイターズの指揮官として7年、2度のリーグ制覇、1度の日本一、そしてクライマックス・シリーズに5度出場した栗山英樹監督の書籍『稚心を去る 一流とそれ以外の差はどこにあるのか』から考える。

広岡達朗さんと落合博満さんの違いはどこか

 監督1年目、外野守備走塁コーチとしてチームを支えてくれた清水雅治コーチの言葉が忘れられない。

「コーチは自分がやりたいことをやるんじゃない。監督がやりたいことを実現させるのがコーチの仕事だ」

 直接ではなかったが、それを伝え聞いたときには、身の引き締まる思いがした。

 それ以降も、たくさんのコーチのお世話になってきたが、感謝とともに、その仕事についていろいろなことを考えさせられてきた。

 コーチの仕事に対してできあがりつつある一つのイメージは「技術屋さん」。技術のプロフェッショナルであるコーチには、選手と一緒により高い技術を求め、一緒に探していってほしい。どうして打てないんだろう? もっといいアプローチがあるんじゃないか? こうしたらいいんじゃないか? ああしたらいいんじゃないか?

 そうやって、できるだけたくさんの選択肢を提示してもらって、あとは選手に選んでもらう、それが理想だ。

 もちろん監督もその手伝いはするし、コーチと技術的なことを話したりもするが、こっちにできるのは、メンタル面のケアだったり、それを引き出すための起用だったりする。

 そこは明確に分けて、役割分担をしているつもりだ。

 さて、そこで、もっと根本的な考え方として、コーチは選手に「教える」べきか否か、という点だ。

 広岡達朗さんは、「教えるべきだ」と言う。
 落合博満さんは、「教えるのではなく、一緒に見つけることだ」と言っている。


関連記事

おすすめ情報

JBpressの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索