いよいよ日本でも感染爆発の状態となってしまいました。

 様々な風説、ローカルな罹患者数のカウントへのバイアスなどを取り除き、2021年初における新型コロナウイルスの包括的な状況を考えてみたいと思います。

 とりわけ、「ハッピー低酸素血症(happy hypoxia)」と呼ばれる新型コロナウイルス感染症で顕在化した状態に注目してみます。

 年末から年始にかけて、多くの方に読んでいただいた羽田雄一郎議員の訃報をめぐる前稿「羽田議員の急死が万人に教えること コロナ急患の移送は必ず救急車で」公開の後、多くの医師の友人、知人、同僚と関連の話を議論しました。

 その内容を踏まえて、誰もが考えておくべき「新型コロナ急患の備え」を感染爆発のタイミングでまとめておきたいと思います。

グローバルな統計から

 まず2021年頭時点で、コロナはどんなパンデミックであるかを簡潔にまとめておきましょう。

 全世界のコロナ感染者は、約1億人となりました。全世界の人口が80億人程度とすると、1.25%程度の人が罹患している。

 次に日本の数字を見てみると、約30万人が罹患している。日本の人口は1億2000万人程度ですから0.25%程度に相当し、世界の数字と比べると約5分の1と、累積の罹患者は少なく出ています。

 次にシリアスな現実として死者の数をみてみましょう。世界のデータでは1億人の感染者で200万人が亡くなっている。致死率は2%程度となるでしょう。

 日本では30万人の感染者に対して4000人強の死者が報告されている。母数も、犠牲者も、統計の数字がどの程度信用できるか分かりませんが、1.3〜1.5%程度は亡くなっている。

 ここで、世界の数字と比べて日本人が何を考えるべきか。

1 日本の医療は世界の標準より高い水準にあり、致死率が低く抑えられている。

2 病気自体の本質は変わらず、一度発症した際、危篤に陥る確率はほぼ世界と変わらない。

 という2点に注意しておく必要があるでしょう。