軍艦島が世界遺産に登録されてからというもの、かつて朝鮮人に対する強制連行があったと主張する反日左翼の日本人や韓国人、在日韓国・朝鮮人などが「暴虐の歴史」と軍艦島を抱き合わせて既成事実化しようとしている。

 だが、この連載で繰り返し述べているように、軍艦島には強制連行も強制労働もなかった。反日勢力による歴史の捏造と歪曲で日本を貶める行為は決して許されることではない。今回は、軍艦島に関する朝鮮人強制連行の真偽を確かめたい。

※過去の連載記事は以下をご覧ください。

・1回目「石炭を掘るためだけに存在した軍艦島が語る未来」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64178)
・2回目「今も色鮮やかによみがえる軍艦島での日常生活」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64267)
・3回目「『地獄の島』の汚名を着せられようとしている軍艦島」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64576)
・4回目「廃墟と化した軍艦島はなぜ世界遺産に登録されたのか」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64695)
・5回目「軍艦島の『世界遺産化計画』につながったある出会い」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64702)
・6回目「『無謀』と言われた軍艦島の世界遺産登録、その裏側」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64970)
・7回目「軍艦島の世界遺産登録を妨害した韓国の誹謗中傷」https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65089

『炭坑の真実と栄光 朝鮮人強制連行の虚構』には、筆者の深町純亮氏が三菱高島炭坑に勤めていた時の記録が自信の体験として掲載されている。高島は軍艦島こと端島に近い炭坑の島で、強制連行を主張する書籍『精算されない昭和』(平成12年、林えいだい、朴慶植、高崎宗司)でも取り上げられている。高島の状況を知ることで、軍艦島の状態も推測できると考える。

 既に書いているように、軍艦島には戦時中、三軒の遊郭があり、うち一軒は朝鮮人専用だった(「地獄の島」の汚名を着せられようとしている軍艦島)。朝鮮人を奴隷のごとく使役していたなら、そもそも専用の遊郭などなかったはずだ。奴隷専用の遊郭など聞いたことがない。

 また、炭坑の最も危険な現場で、朝鮮人を働かせたという主張があるが、これもまた根本的におかしい。「炭坑の真実と栄光 朝鮮人強制連行の虚構」によると、炭坑で最も危険かつ作業場は、地底を掘り進む最先端の“切刃”(きりは)と呼ばれるところで、熟練者でないと採炭作業全体に支障をきたすため未熟者を配置することはあり得ない。炭坑で労働した者なら誰でも知っていることだという。

 そもそも、朝鮮人を最も危険な作業に当たらせるなら、戦場に送っていただろう。現に中国では、兵士が民間人に銃を持たせて、後ろから銃剣で突いて日本兵に対する戦闘を強いた例が多数あった。戦場と国内労働のいずれが危険かは言うまでもないだろう。

 当時、炭坑の仕事は厳しく危険な労働だったが、給料が良かったので、その高給を求めた炭坑労働者がとても多かった。巡査の初任給が月額45円、事務系の大卒初任給が75円だった当時、炭坑労働者は賃金と手当て合わせた月額は150〜180円だった。