夏休みです。今回は、お子さんたちの「自由課題研究」を応援するような形で、子供向け「報道される数字を一緒に考えてみよう」という趣向で記してみます。

 世の中の大人の人は、多くが報道される数字をなんとなく読み流す傾向が強い。それは「もったいないことだ」という生活習慣を小さなときから身に着けるとよいです。

 日本各地のサイエンススクールでは、身の回りのデータを分析して予測するような課題を100年来、伝統的に続けているところが多いと思います。

 そうした学校の出題を模して、例えば新型コロナウイルスの感染者数を考えてみましょう。

 東京都の7月末の感染者数は

7月26日(月) 1492
7月27日(月) 2848
7月28日(月) 3177
7月29日(月) 3865
7月30日(月) 3300

 こんなふうに変化していました。元になるデータはこのように(https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/)公開されています。こグラフにしてみましょう。

 7月29日をピークに、30日は減っていますね。今回の新型コロナウイルス感染症もやっと流行のピークを超えたのでしょうか?

 いや、残念ながらそうではなさそうです。日本全国の感染者数を見てみると

7月26日(月)  4690
7月27日(月)  7629
7月28日(月)  9573
7月29日(月) 10698
7月30日(月) 10744

 データはやはり、誰でも調べることができるよう公開(https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data-all/#graph--infect-death__infect)されています。

 横ばいのように見えますが、残念ながら1日あたりの感染者数の最大値を更新しています。そして、この傾向は今後も2週間程度続くことが分かっています。その背景を考えてみましょう。