今回も残念な予測から記さねばならなさそうです。日本は「第6波」の感染を避けることができない可能性があります。

「第6? 第5波じゃないの?」

 いえ「第6波」の話をしています。現在2021年8月、蔓延しているのは「第5波」の感染ピークで、1日あたりの日本全国新規感染者数記録を更新し続けている最中、東京都は新規感染者数2195人で月曜日過去最高、また校正した3日は3709人で火曜日過去最高。

 さらに全国の感染者数は2日が8393人でやはり月曜過去最高、3日に至っては比較的数字の伸びない火曜日なのに、歴代2位の1万2017人という感染者数に上っています。

 大まかにこれが8月10日前後まで伸び続け、8月末には一通りの収束を見ることを期待したいですが、過去最大規模の感染者が出ること、それに伴う医療の逼迫、疲弊や部分的な崩壊は、避けがたい状況が懸念されています。

 しかし、いま上で私が記したのは、2021年冬から22年にかけての「この冬の新型コロナウイルス感染症」で、残念なことですが、またピークがで出るのは、まず避けられないだろうという見通しです。

 それがどれほどの規模になるかは分かりません。

 ただ、それが「人災」の側面を持つことへの警鐘を最初に鳴らしておきます。この秋の日本の防疫を考えるうえで最大のリスクは「政局」であることを心配しています。

 現在の衆議院議員の任期は令和3年10月21日木曜日ですので、これを待たずして解散総選挙となるはずですが、具合の悪いことに、これが9〜10月の時期に当たっている。

 この9〜10月に、適切な防疫対策が打てるか否かが、2021年11月以降、秋冬のインフルエンザ・ピークの山を抑えられるかを決定します。

 公式答弁としては「10月までには80%の接種完了」を言うわけですが、現実には、様々な要因で接種は進んでいません。

 ワクチン接種状況を簡単に振り返っておきます。

 5月の時点でも1回接種者が2%台にとどまった日本ですが、8月初めの段階で1回接種34.47%、2回接種24.59%(首相官邸公開データによる)という水準までは漕ぎ着けました。でもこの先のワクチン接種率上昇の推移が見通せません。

(https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/vaccine.html)

 手元で簡単に予測計算してみると・・・

2020年8月までのワクチン接種率(1回:青、2回;赤)と8月以降の推移予測