宮台真司さんが白昼、東京都立大学のキャンパス内で刺され、メディアもネットも蜂の巣を突っついたような騒ぎになっています。

 右も左も言論封殺だと騒いだり、過去の宮台さんの発言を引っ張ってきて「たられば」の話を振り回したり・・・。

 記事閲覧数はやたら多いようですが、まともに取り合うような内容は非常に限られていると思います。

 事件を整理してみましょう。

 2022年11月29日の午後4時20分頃、東京都八王子市の東京都立大学南大沢キャンパス内で男性が刃物を持った暴漢に襲われ、顔面を切り付けられているとの110番通報がありました。

 襲われたのは、同大学大学院・人文科学研究科教授で社会学者の宮台真司博士(1959−)です。

 キャンパス内の路上で、背後からまず頭部を殴打されたうえ、刃物で手、背中、首、顔面などに切り付けられ、警官が駆け付けた時点では犯人の男はすでに逃走。

 本稿執筆時点では身柄を確保されておらず、都立大キャンパス内を含むエリアに潜伏したまま、行方が分かっていません。

 宮台さんは病院に救急搬送され、数時間に及ぶ緊急手術を受け重症とのこと。十数か所に切創があり(https://news.yahoo.co.jp/articles/811f59974abe45274e7a9c5e1d068901dc8df91f)の針数を縫ったものの、生命に別条がある病状ではないとの報道。

 翌11月30日の報道で、宮台さん自身は警察の事情聴取に「薄暗がりでよく分からなかったが」「面識のない男だった」と述べているらしい。

 おおまかに、これを超える内容はすべて憶測で、ここで取り上げる意味はありません。

 私と宮台さんとはSNS上で若干会話を交わしたことがある以上の行き来はありません。

 ただ、宮台さんは、東京大学教養学部時代、見田宗介先生のゼミナールの先輩としても聞こえており、長年漏れ聞くことはたくさんありました。

 都会の名門、麻布高校出身者らしいスマートなシティボーイの知性を披歴、会話や原稿には育ちの良さ頭の良さが隠せず、若くして時代の寵児になりました。

 シンプルな数理を活用する彼の博士論文はエレガントで、博士の学位が出にくい「社会学」界隈の悪弊を軽々と乗り越え、クールでスマートな議論が展開できる人です。

 無学位のまま院生指導ができない社会学者が多いなか、後進の指導にもしっかり実力のある、数理を含む精密な議論が展開できるプロのアカデミシャンとして私は一目置いてきました。

 何分、犯人はいまだ逃亡しており、相手を選らばぬ「誰でもいいから人に切りつけてみたかった」的な通り魔の犯行なのか、名指しで宮台さんを狙った確信犯的な犯行なのかも分かっていません。

 そこで、精緻な論理を駆使するゼミの先輩に敬意を表して、それらすべての「場合分け」に応じて、犯行に至った「死角」と再発防止策を検討してみます。