新型コロナウイルス感染症用ワクチンの接種後の死亡例が各地で報告され、様々な波紋を投げかけています。

 愛知県愛西市では11月5日、40代の主婦が4回目のワクチン接種直後、会場内で5分ほど待機していたところ、突如として容態が急変しました。

(https://news.yahoo.co.jp/articles/f5e885ff21ec9ebe7f44c9fa0a05d3c41fde4e56?page=1)

 2時25分「息が苦しい」と訴え、泡沫上の「泡みたいな血痰」を吐き始め、明らかに重篤な症状、血中酸素濃度は54%に急落しており、酸素マスクが装着されました。

 しかし、特段の治療薬投与などの処置がないまま9分後の午後2時34分に呼吸停止状態となり、救急搬送された先の病院で午後3時58分に死亡が確認されました。

 この程度露骨なケースであっても「ワクチン接種との因果関係は不明」などと判断するのが、この関連の「専門家」の仕事になっている実情が見て取れるのは、本稿でも後半部分で具体的にデータをお示しします。

 元気な姿で、必ずしも打つ必要のないワクチンを「予防」のために接種に行き、あってはならない無言の帰宅となってしまった。

 家族・遺族はどんな説明をされても納得がいくわけがありません。

 ワクチン接種に対する急性症状としては「アナフィラキシー・ショック」という、重度のアレルギーを意味する言葉が周知されています。

 アレルギーの原因となる物質が体内に侵入することで、全身複数の臓器で症状が現れ、血圧低下や意識障害などを伴うケースを「アナフィラキシー・ショック」と呼びます。

「それに相当するケースであった」と明確に証明されない限り、「原因不明」「ワクチン接種との因果性は、情報不足により確認できない」と判断されてしまうルーチンが成立しています。

 本稿では本来、東京大学ゲノムAI生命倫理研究コアでの検討を経て2021年8月に公刊されていたはずの伊東乾「コロナワクチンと治療薬」に記した内容、特に1年以上経過しても日本国内で全く報道も普及もしない「最後の一藁」問題と、その原因として考えらえる「アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)」と血圧コントロールや肺の保護との関連を平易に説明したいと思います。