このコロナ禍拡大は安倍・菅両政権の失策のツケ

 新型コロナウイルスの感染が日本でも確認されてから、もう1年以上が経つが、政府の対応は失敗続きであった。その典型はアベノマスクである。全世帯への配布を始めたのが4月17日であるが、郵送が終了したのは2カ月後の6月20日頃で、その頃にはマスク不足は解消していた。費用は460億円もかかっている。昨年7月時点で、アベノマスクを使っていたのは3.5%のみという失望すべき結果であった。国民の評価も最低であった。

 これは官邸官僚の提案を安易に受け入れた安倍晋三首相の失敗である。しかも、異物混入など品質にも問題があり、さらには調達元の企業についても様々な疑義が呈されたのであった。

 安倍長期政権の下で、忖度官僚が跋扈するなど、官僚機構が劣化していき、側近政治で諫言する者もいなくなっていったのである。平時にはそれでも何とか統治できたが、パンデミックのような有事にはとても機能しない政権だったのである。安倍首相は健康上の理由で退陣したが、コロナ対応の失敗の責任をとる意味で身を引いたと言ったほうが正確である。後継は菅官房長官であるが、安倍首相の番頭として官僚を動かしてきたのは彼である。したがって、菅政権になって、これまでの失敗を反省し、抜本的な改革を断行することができないでいる。

 旧来の路線を跛行しながら歩んでいると言うほかはない。

 まさに、安倍政権、菅政権の失敗の連鎖が、今日のコロナ惨状をもたらしたのである。

 前回も指摘したように、感染者対策の基本は「検査と隔離」であり、徹底したPCR検査を行うことが対策の第一歩でなければならない。ところが、これを怠ってきており、それは今も続いている。今回の第4波の感染の背景には、強力な感染力を持つ変異ウイルスの存在があるが、その変異株の検査すら不十分な状況が続いている。

(参考記事)【舛添直言】検査徹底を怠ったツケ、宣言延長で高まる五輪中止論<https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65207>