米国のメジャーリーグ(MLB)で活躍する大谷翔平選手が日米で野球ファンの注目を一身に集めている。

 歴代のレジェンドと呼ばれる偉大な選手の記録に並び、また更新し続けているからである。

 9月に入り、特に注目と期待が集まっているのがホームラン競争とベーブ・ルースと並ぶ「二桁勝利・二桁本塁打」である。

 大谷は二刀流での出場を希望し、球団名も「天使たち」のエンゼルス(ア・リーグ)を選んだ。

 投打ともに好成績をあげ、またホームラン部門では前半にトップになってしまい、ホームラン・ダービーにも出場した。

 そのために、ファンばかりでなく国民的期待までが膨らんでしまい、ホームランでも1位にならなければ大谷ではないかのような雰囲気になってしまった。

 こうして、いつの間にか大谷はホームラン競争にリストアップされ、他の2人(V・ゲレロJr〈ブルージェイズ〉、S・ペレス〈ロイヤルズ〉)と比較される日が続いている。

 また、シーズン後半に入り、投手としての10勝が手に届きそうになると、超有名選手のベーブ・ルースに並ぶ期待を一身に集めている。

 しかし、そこには見えざる壁が立ちはだかっているようだ。

敬遠が示す大谷の超人ぶり

 9月22日は「3番・DH(指名打者)」で出場し、2盗に成功しながらも、勢い余ってベースを離れてしまいアウトになる。

 また、5対5の延長戦、1死満塁で、3塁からサヨナラ勝ちへ果敢に突っ込んだがライトへの飛球が浅く、ホームベースからわずかに3塁寄りの好返球で経路を塞がれ、大谷はいったん捕手をかわしたがベースを踏めず行き過ぎ刺された。

 この日は第1、2打席が四球、第3打席は1ゴロ、0-3から5点あげた直後の7回2死2塁では申告敬遠となる。

 第5打席も敬遠、第6打席は三振。結局この日は4四球(2打数無安打)で、大谷にとって4四球はメジャー初とのことである。