日本人と中国人、グループチャットの大きな違い

〈「己を殺す」ということは、ひとつの美徳と考えられている。〉

 これは、日本を代表する臨床心理学者、河合隼雄氏の著書『こころの処方箋』(新潮社)の「己を殺して他人を殺す」という章にある一文だ。

 日本人の、他人になるべく迷惑をかけまいとする、そして“和”を大切にする心につながっていると思われる。自分ががまんすることで他人に迷惑をかけなくて済むならば・・・、和を乱さずに済むならば・・・、そう思って生きているのが日本人でないだろうか。

 一方、中国では、“和”を乱さないために己を殺すという考えは、理解されにくい。一般的にはむしろその逆で、“和”より“個”を重んじる傾向にある。

自分の意見より“和”を重視

 そんな日中の違いは、とりわけ集団で何か1つのことを実施することになったとき、顕著に表れる。

 例えば、グループチャット。筆者が住む上海では、中国版チャットアプリ「微信(ウィーチャット)」が広く利用されている。日本でのLINE同様に、必要に応じてグループチャットが作られ、1つのグループチャットが数十人、数百人で構成されていることも珍しくない。筆者も、上海に住む同郷人、同じ習い事の生徒、親しい友人たちのほか、子どもが通うスポーツクラブ、学校関係など、さまざまなカテゴリーのグループチャットに参加している。

 このグループチャット内の討議の様子が、参加メンバーが日本人か中国人かで大きく違う。


関連記事

おすすめ情報

JBpressの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索