その表情は、「空喜び」ともいうもので、哀しい笑いだった――

「金正恩の壮大なワガママ」と言える「陽徳温泉文化休養地」が完成した。朝鮮中央テレビや朝鮮労働党中央委員会機関紙『労働新聞』によれば、12月7日、「陽徳温泉文化休養地」の「世紀の竣工式」が、華々しく行われた。テレビで見る限り、氷点下10度くらいの様子だ。

 平壌から日本海側の元山へ向かう東西横断道路のちょうど中間地点、すなわち東へ100kmほど行ったところに、平安南道陽徳がある。日本植民地時代(1910年〜1945年)に、日本人が開拓した温泉地だ。ここに敷地面積166万m2の巨大な温泉娯楽施設を完成させたというのだ。

「世界的な温泉治療奉仕基地」

 この日参加したのは、金正恩委員長を始め、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員の崔竜海(チェ・リョンヘ)と朴奉珠(パク・ボンジュ)ら最高幹部の面々。それに朝鮮労働党の長老たち、金永南(キム・ヨンナム)、楊亨燮(ヤン・ヒョンソプ)、崔永林(チェ・ヨンニム)、金己男(キム・ギナム)、崔泰福(チェ・テボク)である。長老たちの年齢はそれぞれ、91歳、94歳、90歳、90歳、89歳だ。

 東アジア最貧国で、必死に90歳前後まで生き延びて引退しても、こんな極寒の地に駆り出されるのだから、北朝鮮という国は本当に「凍土の共和国」だ。しかも「世界的な温泉治療奉仕基地」(『労働新聞』の表現)というのが、何とも皮肉だ。