(北村 淳:軍事社会学者)

 米国防総省は『中華人民共和国の軍事ならびに安全保障の進展に関する年次報告 2020年度版』などにも記しているように中国潜水艦戦力の増強を危惧している。そんな国防総省そしてアメリカ海軍にとって新たに嫌な情報がもたらされた。

 このほど、民間会社が撮影した衛星写真データの分析によって、中国遼寧省葫芦島の渤海船舶重工造船所(渤海造船所)で大規模な拡張工事が完成しつつあることが確認された。渤海造船所では原子力潜水艦が建造されている。造船所が拡張されることで、中国の原子力潜水艦の造艦スピードがますます早まるのではないかという危惧が強まっている。

米海軍艦艇を待ち伏せ攻撃する中国潜水艦

 アメリカが中国を軍事的に封じ込める場合、あるいは干戈(かんか)を交える場合、西太平洋から東シナ海や南シナ海を通って中国に接近するアメリカ海軍にとって最も恐るべき障害は何か。それは、本コラムでもしばしば指摘している中国軍の接近阻止用長射程ミサイルであるが、それらに勝るとも劣らない強敵が中国海軍潜水艦だ。

 中国海軍は、戦略型原子力潜水艦(戦略原潜:SSBN)と攻撃型原子力潜水艦(攻撃原潜:SSN)ならびに通常動力潜水艦(AIP潜水艦を含む:SSK)を運用している。