フェイスブックよ、お前もか

 ドナルド・トランプ米前大統領が、独自の発信サイト「ドナルド・トランプのデスクから」を始めたのは5月4日。保守系フォックス・ニュースがスクープした。

 大統領選時の選挙参謀のブラッド・パースケール氏が所有するデジタル・サービスの「キャンペーン・ニュークロス」の協力を得て実現した。

 保守系メディアは大騒ぎしているものの、後述するが中身はお粗末なシロモノのようだ。

 トランプ氏は、大統領選中、大統領就任後、ツイッターやフェイスブックの個人アカウントを使って、米朝首脳会談や閣僚更迭など重要決定の発表や反対派への攻撃手段にしてきた。

 ところが、支持者による1月6日の米議会襲撃事件後、ツイッター社はトランプ氏の投稿が「暴力行為を再現するような人たちを鼓舞する可能性が高い」と、トランプ氏へのサービスを凍結してしまった。

 ユーチューブ社も足並みを揃えた。

 フェイスブック社はトランプ氏の投稿が支持者を襲撃をそそのかしたか否かの判断に迷った。自社に設置している第三者機関に判断を仰いだ。

 投稿管理を独立した立場から監督する外部有識者からなる「監督委員会」(Oversight Board)に委ねた。

「監督委員会」は判断を下すのに6か月の執行猶予期間を定め、その間フェイスブック社はトランプ氏のアカウントを「無期限停止」、つまり凍結してきた。

 そしてその期限が5月5日だった。

 トランプ氏は「監督委員会」が凍結解除決定する――そう確信して独自の発信サイトを立ち上げた。

 ツイッターはだめでも、フェイスブックと自身の発信サイトとが共有できれば、かつて3500万人のフォロワーを誇った「武器」を手に入れられる。

 だが、その胸算用は見事に外れてしまった。

「監督委員会」の判断は、フェイスブック社が下したトランプ氏のアカウントを「無期限停止」にする措置を支持したのだ。