地域にもよるだろうが、日本では制服は小学校から中学、高校と、学校生活とは切っても切り離せない存在だろう。中学入試や高校入試で学校を決める場合、特に女子にとっては「制服」が学校選びの決め手の一つになるとも言われている。

 ここ韓国でも、10代の学生たちにとって制服は必需品だ。多彩なデザインに加えて若年層にウケそうなスタイルのものも多く、ファッションアイテムとしての注目度も高い。韓国の制服をファッションとして注目している韓国好き女子も少なくないと聞く。

 確かに近年の韓国の中高生の制服やコーディネートには関心させられる点もあるが、反面、制服をめぐる様々な事情や論争がある上に、親世代から見て疑問に思うことも多い。韓国の制服事情はどのようなものであろうか。

2000年代から変貌した韓国制服事情

 1990年代まで、韓国では女子、男子ともに紺や黒系統の色合いのブレザーに白ブラウス、スカート、ズボンといったシンプルで典型的な制服が一般的だった。それが、2000年代に入るとデザインやスタイルの多様化が始まった。韓国で言う「制服革新の時代」である。

 現在では、観光客向けに制服を着て写真が撮れる写真館がある。日本でも東京・新大久保に韓国風の制服のレンタル店があったり、韓国の制服が買える通販サイトもあったりするというから驚きである。

 しかし、韓国で制服が大幅にイメージチェンジした背景には、1990年代後半から2000年代初めにかけて、日本のファッションなどが若年層の間で大きな関心を集めていたという側面があり、初期のデザインは日本の制服に似た感じのものが多かった。

 実際、1990年代当時、韓国の女子中高生が「non-no(ノンノ)」などの日本のファッション雑誌に憧れ、それをファッションやヘアメイクの手本にしていたという話を現在40代の人たちから聞いたことがある(90年代当時、大型書店などでは外国書籍として日本の雑誌や書籍を取り扱っていた)。

 それが、現在では学校制服が「韓国のファッション」として確立している。その火付け役であり、後押ししたのは韓流ドラマやKPOPである。