具然喆(グ・ヨンチョル)という韓国人は日本ではほとんど知られていないが、韓国ではそれなりに知られているようだ。韓国人に尋ねると、彼に関するニュースサイトなどを教えてくれる。日韓問題の関心に対する温度差の違いなのか、日本のメディアで彼が取り上げられることはほとんどない。

 具氏は戦時中、端島こと軍艦島に居住し、朝鮮人鉱夫が虐待されていた現場を目撃したと述べるなど、島内の非道を告発する講演を盛んに行なっている。

 事実、韓国・釜山の日本総領事館前に、いわゆる徴用工像を設置しようとしている全国民主労働組合総連盟(民主労総)の2017年8月大会で「(端島は)わが民族の最も痛々しい記憶の場所」だと主張する演説を行なった。だが、その内容は元島民が首を傾げるものだった。

 公開されている経歴によると、具氏は1931年、慶尚南道梁山郡下北面草山里に生まれ、1939年、日本で炭鉱労働に従事していた父親が呼び寄せて家族と共に端島へ移住した。8歳だった具少年は端島高等国民学校2年に編入され、端島で終戦を迎えた。優等生で級長だったという。

 氏は端島で凄惨な現場を目撃したと言うが、元島民は「戦時中に端島ではひどい目に遭うたねっていうような話なんか、全然聞いてないです。周囲の方たちも皆いい人でね。負のイメージはありませんね。地獄で、殴られるリンチが多かったとい言うけど、本当に地獄の島だったらまず(家族は)呼ばんでしょう」と反論する。

 まさにその通りである。虐げられる島に家族を呼ぶ人などいるはずがない。そもそも威厳を重視する韓国人の父親が、虐待を受ける姿を家族に見せようなどとは思わないだろう。

 また、具氏は「熊本は、海を挟み、端島からはっきり見渡せる場所」と話したが、島に住んだことがあれば、誰もが首を傾げる発言だ。軍艦島こと端島の対岸は野母半島(長崎半島)で、その先に島原半島がある。熊本はその島原半島の対岸にあり、端島から肉眼で見える位置ではない。