韓国では、1981〜1995年の間に生まれたミレニアル世代と1996〜2012年の間のZ世代を併せて「MZ世代」と呼ぶことがしばしばある。日本ではあまり知られていないかもしれないが、MZ世代の反中感情は反日感情を上回る。

 2020年3月、地上波テレビ局SBSのドラマが論争となり、わずか2回を放映した後、打ち切りになった。「朝鮮求馬師」という全16話のエキゾチズムファンタジー時代劇で、主に若い世代を狙ったドラマである。

 このドラマ放映が中止になったのは、度を越えた歴史歪曲に加えて、登場人物の衣装、食べ物などの小道具がすべて中国式だったからだ。食べ物を盛った壺やアヒルの卵、月餅、中国風餃子など、何から何まで中国式の時代劇に視聴者の抗議が殺到した。

 この一件に限らず、古代の朝鮮半島を中国の一地方とみなした中国の歴史研究プロジェクト「東北工程(東北辺疆歴史与現状系列研究工程の略)」、あるいは中国主導の広域経済圏構想「一帯一路」など、韓国世論の反中感情を醸成する案件は枚挙に暇がない。

 制作会社に莫大な経済損失を与えたドラマの打ち切りも、反中感情を象徴する出来事の一つだ。

 文在寅政権は発足直後から露骨な親中政策を展開してきたが、任期末期に近づき、正反対の現象が起きている。中でも、MZ世代の中国に対する非好感度は日本に対する非好感度よりはるかに高い。

 反中感情はMZ世代に限ったことではなく、すべての世代で最高値を記録している。関連する2つの世論調査を紹介したい。