(羽田真代:在韓ビジネスライター)

 韓国の漫画家、尹瑞寅(ユン・ソイン)氏が、東京五輪の選手村に反日横断幕を掲出した韓国選手団を批判するコメントを自身のフェイスブック上に掲載した。

 韓国選手団は選手村入りしてすぐ、自国の国旗と文禄・慶長の役において朝鮮水軍を率いて日本軍と戦い活躍した李舜臣(イ・スンシン)の「尚有十二舜臣不死」をもじった「臣にはまだ五千万の国民の応援と支持が残っている」という横断幕を掲出し、物議を醸した。

 余談だが、韓国では李舜臣が亀甲船を使って日本船を撃破、豊臣秀吉を打ち負かしたという教育がなされているため、李舜臣は韓国を守った英雄だと信じられている。しかし、実際には秀吉が死去したことによる日本船の撤退であり、李舜臣によって秀吉が負かされたわけではない。

 こちらの横断幕に関しては、国際オリンピック委員会(IOC)から五輪憲章(政治的、宗教的、人種的な宣伝活動を禁じた五輪憲章50条)違反の指摘を受け直ちに撤去する事態となった。しかし、選手団は「虎が降りてくる」という横断幕を掲出し、それは今も撤去されずに掲げられている。

 尹瑞寅氏が韓国選手団の一連の行動に対して物申すまで、韓国世論には「日本がまた難癖をつけてきた」「自分たちは旭日旗を掲げているくせに」と日本を批判する声ばかりが目立った。取り分け、韓国選手団の行動に対する著名人の批判は皆無で、尹瑞寅氏が韓国側に対し異論を唱えたことが極めて異例である。

 尹瑞寅氏は漫画家として活躍する傍ら、イラストレーターやユーチューバーとしても活躍している人物である。彼は、慰安婦被害者といわれるおばあさんやセウォル号の遺族など、様々な被害者を不適切な比喩の対象にしたり暴言を吐いたりすることがしばしばあり、韓国内では反社会的行為で悪名が高い人物として扱われている。

 また、“日本植民地(統治)時代の親日売国奴の代名詞のような人物”だともいわれている。

 韓国人の一般認識と異なった考え方をしているだけで“親日”だ“極右”だと分類されることに本人は異論を唱えているが、自らを“親日世代の極右漫画家”と称しており、日本贔屓な面がある。本人も日本に生活基盤を移そうと不動産や事業に投資したこともあるようだ。