(藤原 修平:在韓ジャーナリスト)

 東京オリンピックで、竹島が何かと騒がしい。

 五輪ホームページに掲載された聖火リレーの地図に竹島が書かれていると韓国側が騒ぎ立てていたと思ったら、今度は、韓国のテレビ局「SBS」が開会式の中継で「独島」を記載した地図を表示したことが、日本で伝えられた。

 私は開会式を、そのSBSで見ていた。選手の入場が始まって間もなく、たしかイラクあたりだっただろう。薄紅で陸地を描いた世界地図が映し出されると、韓国の日本海側にズームイン。円を2つに割ったような薄青の模様が現れると、そのすぐ上に、やはり薄青で“Dok-do”(独島)と書かれているのだ。「あれ?」と思った瞬間、世界地図は入場している国に移動し、その国が字幕と写真で紹介された。

 この一件に関しては産経新聞などが報じているので、ご存知の読者もいらっしゃるだろう。

「独島」の表示はアジア諸国の紹介のときに限って行われ、すでに報じられているように、韓国はもちろん、日本の入場の際にも「独島」が表示された。