米西南部を悩ませている自然災害がいま、深刻さを増している。

 今夏の熱波によってカリフォルニア州やオレゴン州を含む12州で発生した山火事は、すでに80カ所を超えており、いまも被害は拡大している。

 その中でも特に、オレゴン州南部で7月6日に発生した「ブートレッグ火災」はいまだに燃え続けており、鎮火のめどは立っていない。

延焼面積は東京都の2倍にも

 延焼面積はすでに東京23区の2倍に達している。

 ちなみにブートレッグというのは、今回の山火事が同州のブートレッグ・スプリングズという場所から発生したことで名付けられた。

 千人単位の消防士が消火活動にあたっているが、その中に女性受刑者で組織された消防隊がいることを知る人は少ない。

 7月下旬に米国で出版された単行本『ブリージング・ファイア(火を噴く)』には、毎年多くの山火事消火に駆り出される女性受刑者たちの悲哀がつづられている。

 受刑者たちの多くは「狭い監獄から抜けられるのであれば何でもする」といった意識から消防隊に志願するが、中には命を落とす者もいる。

 服役中だったシャウナ・ジョーンズ受刑者(22)は2016年、カリフォルニア州の山火事現場で亡くなった。

 危険な業務であるため、時に死傷事故が発生するが、ジョーンズ受刑者の場合は事故後、悲惨な実態が明らかになり、「あまりにも非人道的」との声が上がった。