北朝鮮は9月9日、朝鮮民主主義人民共和国の創建73周年を祝った。洋の東西を問わず、イデオロギーに凝り固まった独裁国家はどこも70年を待たずに崩壊してきたが、北朝鮮の体制だけは70年に加えて3年が経っても、いまだ存続している。だが、本性を現した金正恩総書記の下半身事情が体制の存続を揺るがすかもしれない。

◎金興光氏の過去の記事はこちら(https://jbpress.ismedia.jp/search?fulltext=%E9%87%91+%E8%88%88%E5%85%89)をご覧ください。

(金 興光:NK知識人連帯代表、脱北者)

 北朝鮮の体制が今なお存続している要因については、専門家の間でも議論がある。韓国統一部は9月1日、「2021韓半島国際平和フォーラム」(KGFP2021)を開催した。その中の「金正恩政権10年の評価 政治・外交分野」と題したセッションでは、北朝鮮の体制が長期にわたって続いている要因について、議論がかわされた。

 この日発表したある専門家は、金正恩政権の権力安定化の要因として、「恐怖政治と大々的な粛清による支配階層の再構成」「親人民的指導者としてのイメージ構築」「エリートと住民に対する計画的な忠誠心の植え付け」の3つを挙げた。

 資料によると、金正恩総書記はこれまで260人ほどの幹部を粛清したという。また、権力序列の上位の面々を分析したところ、そのうちの64%は金正恩総書記が新たに抜擢した人物だ。金正恩総書記はこうした組織一新で権力安定化の達成に成功したのだという。

 粛清に次ぐ粛清で体制は安泰、体制転覆の不安も消滅ということなら実に景気のいい話だが、そこまでやって何とか命脈を保っている独裁体制が、その国の住民にとって太平の世であるわけもない。

 実際、10年を無事に越えた金正恩総書記が、住民の困窮もそっちのけで着手したことといえば、これまた先祖代々に伝わる伝統なのか、酒色や贅沢にふけることである。

 その代表的な事例が、悪名高い「喜び組」の復活だ。金正恩総書記は喜び組を一度に600人集めるように、という指示を出したとのことだ。その命令を受け、北朝鮮全域の「党委員会6課」は出身階級が良く、容姿端麗な女性や未亡人を見つけようと血眼になっている。