アジアの海で各国の潜水艦戦力強化の動きが活発になっている。2021年9月15日、韓国政府はSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の水中発射実験に成功した。オーストラリアは2030〜2040年に原子力潜水艦を8隻建造し、保有することになった。これらの背景には何があるのか。元海上自衛隊海将、金沢工業大学虎ノ門大学院教授の伊藤俊幸氏に韓国やオーストラリア、アメリカの狙い、そして今後の日本の安全保障について伺った。(吉田 典史:ジャーナリスト)

韓国の弾道ミサイル搭載潜水艦は中国への対抗?

──韓国海軍のSLBMの水中発射実験をどのように捉えますか?

伊藤俊幸氏(以下、敬称略) 弾道ミサイル搭載潜水艦とは、敵の核攻撃に大量報復するため、深海で待機し続ける戦略兵器です。通常の戦闘に使う戦術兵器ではありません。韓国でいえば、例えば北朝鮮がソウルに核ミサイルを撃ち込んだ場合に海から反撃報復として弾道ミサイルを打ち返す。核を保有していないので代用品として1トン爆弾を搭載する。つまり、北朝鮮に核攻撃をさせないための抑止力なのです。

 ただし、報道によると3000トン級潜水艦ですから、弾道ミサイルを発射する潜水艦としては小さい。このトン数で口径が広い垂直発射筒を装備すると、船体強度はかなり弱くなる。対潜哨戒機から執拗な追尾をされた場合、回避行動は相当に制限されるでしょう。本来、弾頭ミサイル搭載の潜水艦は1万トン以上の大きさが必要です。